買取の方法

宝石買取の価格の傾向

宝石とはブランド品や時計と並んで贅沢品の一つに数えられます。そのため店頭では目を疑うほどの高価な値段で販売されているのです。宝石を身につければ自分は社会的地位があったり、富裕層であることをアピールすることができます。また誰もが気軽に購入し身につけることのできるものではないので、優越感に浸ることもできるのです。最近では宝石全般の採掘量が減少傾向にあるために、その市場価値は年々高騰しているのです。そのためかつて中古の宝石は敬遠されていましたが、現代では中古のものでも高値で買取りされるようになっているのです。買取り業者が買取った後は宝石と地金を分解して独自のルートに流して転売するので、現代では中古も新品もそれほど価値に相違はないのです。

ダイヤモンドの買い取りの変遷

最近はインドや中国の経済成長が非常に目覚しく、こうした国の多くの人が宝石を求める傾向にあるのです。特にインドや中国でエンゲージリングとしてダイヤモンドを求める傾向にあり、買取り業者も積極的に買取を強化しているのです。こうした傾向は昔の日本ではあまり考えられないことでした。宝石にはその人の魂や気持ちが宿ると信じられており、エンゲージリングを売却したり、中古品を身につけるということは考えられなかったのです。そのため当時の日本ではダイヤモンドを売却しても二束三文の代物でした。しかし現代では世界的需要の高まりと、採掘量の激減によって中古品でも非常に高値で買取ってもらえる時代になっているのです。また中国では翡翠や珊瑚などの需要も高く、こうした宝石類も買取り業者では高額査定が期待できるのです。